ファッション

「ライカ」のカメラとレンズで撮影したような写真が撮影できるアプリが誕生

ライカカメラ(以下、ライカ)は、「ライカ(LEICA)」のカメラとレンズで撮影したかのような写真が実現できるiPhoneアプリ「Leica LUX」を発表した。

「Leica LUX」は無料版と有料版を用意。無料版は「Automatic Photo Mode」と「Aperture Mode」が使用できる。有料版「Leica LUX Pro」は月1000円(1年契約だと1万円)で、無料版に含まれるモードに加えて、露出、ピント、ホワイトバランスをマニュアルで調整できるモードも含まれている。現時点では全部で11種類のLeica Looksと5種類のレンズを用意し、順次追加していく。

「Leica LUX」は、優れたレンズで撮影する「ライカ」独特の写真の世界と、「ライカ」ならではの印象的な美しさが宿る写真の仕上がりをiPhoneで体感できるアプリ。写真撮影の初心者から上級者まで、スナップ写真からアーティスティックな写真まで、幅広く楽しむことができる。

「Aperture」モードでは、「ライカ ズミルックスM f1.4/28mm ASPH.」や「ライカ ノクティルックスM f1.2/50mm ASPH.」などのライカの代表的なレンズで撮影したような印象的な雰囲気の写真を撮影できる。機械学習とコンピュテーショナルフォトグラフィーをベースとした「ライカ」独自の画像処理エンジンにより、ライカレンズのような描写を再現し、美しいボケ味を表現することもできる。高く評価されるMレンズ特有の印象的な表現をシミュレートできる撮影がiPhoneでも可能となった。

また、ライカ独自のカラーサイエンスを採用しており、「ライカ」のカメラ特有の描写を再現するためのカラーグラデーションとフィルムプリセットを数種類用意。「Leica Standard Look」では「Leica LUX」独自の画像処理が行われ、iPhone固有のカメラアプリで撮影した写真とは色合いもコントラストも異なり、より自然な印象に仕上がりになる。加えて、直感的に使える高性能なオートモードがあるほか、露出やシャッタースピードなどの重要なパラメーターを手動で設定できるマニュアルモードもあり、写真のあらゆる要素を自由に調整して、思いどおりの印象や雰囲気に仕上げることができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。