ファッション

コレクションって何?SDGsが難しい! ベテラン記者が解説します【ファッション&ビューティ業界の基礎知識】

有料会員限定記事

 知っておきたい知識をテーマ別で解説する「WWDスクール」を開講!長年業界を取材する記者が、コレクションやサステナビリティなど、それぞれの専門分野を徹底解説します。(この記事はWWDジャパン2022年4月4日号からの抜粋です)



 ファッション業界におけるランウエイショーは、一番華やかで取材がとっても楽しい世界。とは言え、その全容を知る人は多くないでしょう。だからこそ「トレンドは、業界が洋服を売るために仕掛けたもの」なんて曲解も存在しています。そこで「WWDJAPAN」は洋服が生まれるまでの過程、デザイナーの想いはもちろん、彼らを衝き動かした社会背景まで解説します。



村上要/「WWDJAPAN」編集長
PROFILE:地元の「静岡新聞」で社会部に所属し、事件記者を担当。退職後、アメリカに留学したり、アシスタントを務めたりして30歳を目前に帰国 ILLUSTRATIONS : UCA


 ファッションショーに代表される最新コレクションの発表は、ブランドやデザイナーからの「今は、こんな時代ですよね?」「そんな時代を生きる人には、こんな洋服があったらいいと思うんです」「それを、私たちのブランドらしく表現したら、こうなりました。どうでしょう?」という「問いかけ」の場と考えましょう。ちなみにビューティについては、上述の「洋服」を「化粧品」に置き換えれば理解できると思います。

 少なくとも春夏と秋冬の2回、多いブランドなら4回以上、こんな「問いかけ」を繰り返し続ける業界は、そんなに多くありません。車業界のモーターショーだって、各地で開かれるのは年に1回。アップルだってiPhoneやiPadの新製品を発表するのは年に1回ですよね?でもファッションやビューティ業界は、年に2〜4回くらい。しかも既存品のアップデートではなく、毎回ゼロから商品を作り直し、「どうでしょう?」と問いかけることを繰り返しています。そして消費者やメディアの反応、何より売り上げを見ながら、「私たちの問いかけは、今の時代、業界、お客さまに受け入れられたのだろうか?」という自分たちへの問いかけも繰り返し、アップデートを続けています。だからファッションやビューティ業界は、「時代を先取る」と言われるのです。

この続きを読むには…
残り2660⽂字, 画像22枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら