ビジネス

ギャル雑誌「エッグ」の元編集長が高卒資格を取れる“渋谷女子インターナショナルスクール”開校

 キャスティングやプロモーション企画などを行うエムアールエーは、社会で役立つ実践スキルを身につけながら高卒資格を取得できる“渋谷女子インターナショナルスクール”を2023年4月に開校する。校長は同社の赤荻瞳・社長が務める。赤荻は、14年に休刊したギャル雑誌「エッグ(egg)」の復活に貢献し、18年から22年3月まで編集長を務めた。アンバサダーにはユーチューバーのくれいじーまぐねっとを迎えた。

 同校では、世界で活躍できる企業家やクリエイター、インフルエンサーとなる女性の輩出を目指す。“グローバルインフルエンサー”“クリエイター”“起業家”“進学”の4コースを用意し、通常の高校教育のほか、英語力やインフルエンス力、ビジネス企画力を育む授業も実施する。定員は60名。

 赤荻は同校開校の経緯について「中学生から渋谷に通い、高校生で渋谷のギャルサーに所属して、地元を超えて沢山の仲間に恵まれることができました。渋谷に来て素敵な出会いがあり、夢を叶えた私のように、今を生きる若い世代に夢や可能性を切り拓いていってほしい」とコメント。さらに「今後は校長という立場で、ギャルだけに限らず、入学する女子高生たちの夢の後押しをしていきたい」と続けた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら