ファッション

惠山の「ヴィセンテ」をアパレルDXスタートアップのブランディットが譲受

 アパレルDXのスタートアップ企業ブランディット(BRANDIT)は、2月で事業を終了する惠山のブランド「ヴィセンテ(VICENTE)」を事業譲受する。ブランドに関わる人員も含め、ブランディットに移籍し、3月1日からブランド運営を行う。D2C型の運営ノウハウをフルに活用し、「ヴィセンテ」の成長を後押しする。

 ブランディットは2019年9月設立のスタートアップ企業で、自社運営するインフルエンサーを起用したD2Cブランド「トランク 88(TRUNC 88)」「WM」の2ブランドの運営のほか、D2Cブランドの運営のための生産・物流プラットフォーム「ブランディット」も展開している。

 「ヴィセンテ」は雑誌「ピンキー(PINKY)」の元専属モデルの黒木ナツミがディレクターを務めるウイメンズブランド。ブランドの公式インスタグラムアカウントのフォロワー数は4.2万人で、リアル店舗は持たず、自社ECと惠山の運営するECサイト「ルーミーズ」とゾゾタウンで販売を行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら