ファッション

バーチャルモデルのimmaがNFT開始、抽選で無料配布

 SNSの総フォロワー数が100万を超えるバーチャルモデルのimmaは21日から、NFTのマーケットプレイス「Opensea」を通じて、NFT作品「KANJO by imma」を配布する。全10作品で、24時間ごとにimmaの感情や表現が変わるようになっており、それぞれの作品にNFTとなっている。作品はimmaのNFT関連の公式ツイッターアカウント(@imma_NFT)の#giveawayを通じて抽選で無料配布する。

 immaはインスタグラムやツイッター、TikTokなどのSNSで活動するバーチャルモデルで、精緻(ち)な3Dグラフィックで制作され、“インフルエンサー”として有力ブランドのキャンペーンやクリエイターとのコラボレーションとも積極的に行っており、日本のバーチャルインフルエンサーの先駆けであり、世界的にも有力なバーチャルモデルの一人。

 デジタルデータでありながら人格も持つという、バーチャルモデルがNFTを付与することで、どういった価値を構築できるのかが注目される。今後もNFTに関する複数のプロジェクトを水面下で進めており、公式サイトなどを通じて公開予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら