ファッション

おしゃれな人が街にいない? いいえ、こんなに面白いです!

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」12月6日号は、「ストリートスナップから検証 22年春夏“売れるトレンド”6キーワード」と題した特集を掲載している。特集制作にあたり、編集部は原宿や渋谷、新宿でストリートスナップを敢行。すてきな着こなしの人を何人もスナップできたが、「思っていたよりおしゃれな人が少ない」という声も、実はチームからは上がっていた。確かに、かつてスナップ誌を彩ったようなファッショニスタは減っているように感じる。「ファッション自体がダウントレンド」なんて言われるようになってからも久しいが、日本のリアルファッションに詳しい識者はこうした状況に何を思う?高野公三子「アクロス(ACROSS)」編集長とファッションジャーナリストの宮田理江さんに聞いた。

WWD:率直に言って、二人はおしゃれな人が減っていると思いますか?

宮田理江(以下、宮田):自粛中はジェンダーレスでラクチンなファッションが主流でしたが、展示会回りのために最近毎日のように表参道を歩いていると、街行く人のファッションが変わったなという印象があります。ミニ丈ボトムの、“Y2K”スタイル(2000年前後にはやったようなファッションを意味するトレンドキーワード)で決めたK-POP風ロングヘアの女の子が増えていて、「ロエベ」のお店や「フェンディ」の期間限定カフェも若い子たちですごくにぎわっている。自粛が明けて、みんなの気持ちが盛り上がっているように感じます。ただ、表参道であっても昔のようにファッションコンシャスな人がたくさんいるわけではなく、堅実にはなっていると思います。手持ちの服にプラスワンではやりの小物を取り入れたり、古着をミックスしたりといった着こなしが多いですね。

高野公三子(以下、高野):コロナのこの1〜2年だけを振り返っても、ファッションは大きく変わっていて面白いですよ。まず服の色が変わっているし、髪の毛の色の変化も顕著です。あと、男性が今どんどんおしゃれになっていて、そこに女の子も引っ張られています。以前の流れは逆でしたが、最近は男性の間で芽生えたトレンドが女性に広がることも増えました。「アクロス」では、ストリートファッションマーケティング調査の「定点観測」を毎月行っていますが、街でインタビューをすると、「学校の授業がずっとオンラインでおしゃれをする機会がなかったから、今日やっとこの服を着ることができた」と話す子も少なくないんです。来年はみんな、もっとはじけるんじゃないですか。

この続きを読むには…
残り1729⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら