ビューティ

“ロフト ベストコスメ 2021”発表 “マスク荒れ”予防や乾燥対策アイテムがランクイン

 ロフトは“ロフト ベストコスメ 2021”(21年1~8月の販売実績による)を発表し、11月27日にベルサール渋谷 ガーデンで、受賞製品および注目製品の展示会を行った。

 今回は、マスクの着用による肌荒れの予防や、乾燥の悩み対策として人気が高いスキンケア製品がトップ5にランクインした。1位は水分を届けて肌を整えるシートマスク、「ヴイティ コスメティックス(VT COSMETICS)」の“VT CICAデイリースージングマスク”(30枚入り、税込2420円)。

 2位は独自開発したブラックパウダー(吸着成分の炭)の力で毛穴の奥まですっきり洗浄する、「デュオ(DUO)」の“ザ クレンジングバーム ブラックリペア”(90g、税込3960円)。3位は紫外線などの外的要因から肌を守りつつ、スキンケア成分も配合した高機能化粧下地、「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」の“UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ”(30mL、税込3740円)。なお同製品は今回、“2021殿堂入りコスメ”にも選ばれた。

 4位は生せっけんの泡で肌をいたわりながら洗う洗顔料、「バルクオム(BULK HOMME)」の“ザ フェイスウォッシュ”(100g、税込2200円)。5位は肌をしっとりと整えてくれるスキンスムージング、「ヴイティ コスメティックス」の“VT CICAクリーム”(50mL、税込2730円)、という結果になった。

 なお展示会会場には、受賞ブランドのほか、ロフトのバイヤーが注目する、プロデュース系とジェンダーレスブランドがブースを出展。中でもプロデュース系は、女優やモデルとして活躍する高橋愛の初プロデュースコスメ「アイムミクス(AIMMX)」、美容系インフルエンサーのきりまるによる「マイロインク(MYROINK)」、アイドルの宮脇咲良による「クラン バイ モラク(CRAN BY MOLAK)」、2人組ユーチューバー“パパラピーズ ”のタナカガによる「ガブミー(GAB ME)」など充実しており、会場を訪れたプレス関係者やインフルエンサーの注目を集めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら