ビューティ

“ロフト ベストコスメ 2021”発表 “マスク荒れ”予防や乾燥対策アイテムがランクイン

 ロフトは“ロフト ベストコスメ 2021”(21年1~8月の販売実績による)を発表し、11月27日にベルサール渋谷 ガーデンで、受賞製品および注目製品の展示会を行った。

 今回は、マスクの着用による肌荒れの予防や、乾燥の悩み対策として人気が高いスキンケア製品がトップ5にランクインした。1位は水分を届けて肌を整えるシートマスク、「ヴイティ コスメティックス(VT COSMETICS)」の“VT CICAデイリースージングマスク”(30枚入り、税込2420円)。

 2位は独自開発したブラックパウダー(吸着成分の炭)の力で毛穴の奥まですっきり洗浄する、「デュオ(DUO)」の“ザ クレンジングバーム ブラックリペア”(90g、税込3960円)。3位は紫外線などの外的要因から肌を守りつつ、スキンケア成分も配合した高機能化粧下地、「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」の“UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ”(30mL、税込3740円)。なお同製品は今回、“2021殿堂入りコスメ”にも選ばれた。

 4位は生せっけんの泡で肌をいたわりながら洗う洗顔料、「バルクオム(BULK HOMME)」の“ザ フェイスウォッシュ”(100g、税込2200円)。5位は肌をしっとりと整えてくれるスキンスムージング、「ヴイティ コスメティックス」の“VT CICAクリーム”(50mL、税込2730円)、という結果になった。

 なお展示会会場には、受賞ブランドのほか、ロフトのバイヤーが注目する、プロデュース系とジェンダーレスブランドがブースを出展。中でもプロデュース系は、女優やモデルとして活躍する高橋愛の初プロデュースコスメ「アイムミクス(AIMMX)」、美容系インフルエンサーのきりまるによる「マイロインク(MYROINK)」、アイドルの宮脇咲良による「クラン バイ モラク(CRAN BY MOLAK)」、2人組ユーチューバー“パパラピーズ ”のタナカガによる「ガブミー(GAB ME)」など充実しており、会場を訪れたプレス関係者やインフルエンサーの注目を集めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。