ファッション

捨てちゃう?手放しちゃう?の前に「直しちゃう?!」 マリエが本音で語る「私の33年目のサステナブル」Vol.37

 ファッションアイテムの「お直し」、あなたは、どのくらい挑戦したことがあるでしょう?

 今までのコラムは捨て方や手放し方について、「価値あるアイテムなら売るのもあり」などさまざまを提案してきたが、今回は今最も注目されている「お直し」について。

 小さなころから洋服作り、ミシンで何かを作ることが大好きだった私にとって、「お直し」は身近なクリエイションだった。家族が着なくなった洋服は、私の格好の遊び道具。特に破れたジーンズが大好きだった。祖母がデニムに裏地をあててミシンで叩いてくれたステッチが最高にかっこよく見えて、「自分もやってみたい」と思ったのがきっかけだった。

 今に至るまで、自分の服を幾度となく「お直し」してきた。それは私にとって当たり前のこと。好きだから着用する洋服は、時に破れてしまったり、どうにもならない汚れがついたりする。サイズが変わってしまい、着れなくなることもある。そんな時は破れた箇所を直すことはもちろん、汚れたら全く違う色に染めてしまったり、カットオフして半袖にしたり丈を変えてしまったり。ワンピースは上下に切って、ファスナーやゴムを入れて別々のトップスとスカートに生まれ変わらせたこともある。着なくなったスラックスにはヤスリをかけ、ボロボロなグランジアイテムとして楽しんだ。アップグレードしたアイテムとしてクローゼットに戻せると、感動もひとしお。自己満足だが、なんだか得した感覚にさえなる。

 大人になって忙しくなると、プロに頼むことを学んだ。街のお直し屋さんは、まるで神の手に思えた。時には「お直し」だけでなく、想像力も必要なリメイクもお願いする。そんな時、「これは腕がなるわ」と共に完成をイメージしてくれる「お直し」のプロとの会話に花が咲くことも楽しい。たまには悩みも聞いてくれる。「このコート、下から風が入ってきてマジ寒いんです」「じゃあ下には見えないようにゴム入れましょう。結構コレを頼む年配のかた、多いのよ」。なんて、洋服作りのヒントまでくれる。都内にはちょっと高額だが、素晴らしい技術を持ったクリーニング屋さんも存在する。諦めきれない高額のドレスなどは、そういった場所にチャレンジする価値がある。実際、私もたくさんのワインをドレスにぶちまけ、救われた張本人だ。

 そんな私の日常だった洋服の「お直し」やアップグレードだが、ある日「パタゴニア(PATAGONIA)」からショッキングな話を耳にした。現代を生きる若者の中には、「洋服が直せるなんて知らない」「Tシャツは一回着たら捨てる」なんていう意見まであるそうだ。一つのアイテムがどこまでリペアできるのかを知ると、ファッションの自由度やアイテムの未来も変わるのではないだろうか?ぜひ一度、今手放そうとしているアイテムをもっと素敵に変えられないか、挑戦して欲しいものだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら