ビューティ

「オペラ」初のマスカラとアイライナー登場

 イミュは11月19日、リップが主力の「オペラ(OPERA)」から初となるアイメイク製品“カラーリングマスカラ”と“アイカラーペンシル”を、同社公式のオンラインストア、プラザ、ミニプラザで先行発売する。“夢見るカラーアイメイク”をコンセプトに、抜け感を演出しながら印象的な目元に仕上げる。

 “カラーリングマスカラ”は、全5色(うち限定1色)で税込各1650円。カラーパールと顔料を配合し、鮮やかに発色しながら繊細なパールが奥行きのあるまつげを演出する。セパレートの仕上がりで、お湯でオフできるフィルムタイプ。ダークトーンのパープル、コッパーブラウン、ブルー、くすみのあるピンクの定番4色とテラコッタオレンジの限定1色をそろえる。

 “アイカラーペンシル”は、全5色(うち限定2色)で税込各1650円。多色カラーパールを配合し、肌に溶け込むような繊細な光沢感のある仕上がり。繰り出すペンシル型で、ラインとしてもぼかしてアイシャドウとしても使える。ブラウンレッド、ピンク、オレンジの定番3色と透け感のあるホワイトとくすみのあるゴールドの限定2色をそろえる。

 ブランド開発担当者は、「軽やかで印象的な仕上がりをかなえる『オペラ』は、その人自身の中にある、いくつもの魅力を引き出すメイクを提案してきた。“メイクアップ効果が高いのにどこか抜け感のある軽やかな仕上がり”と“無理せず、簡単にかなうこと”をブランドのコンセプトに掲げている。あえて力を抜いて“はずしている”感じの女性像をイメージし、無理なく毎日を過ごしたいという価値観をプロダクトを通して共有していけたら」と3年ほど前からアイメイク製品の開発に着手したという。

 「オペラ」は、1917年に「オペラ化粧品本舗」として誕生し、日本で初めてスティック状の口紅を発売。2016年に登場した“リップティント”は、年間でメーカー出荷数170万本(16年10月14日~17年11月26日)を突破し、美容誌や口コミランキングでベストコスメを受賞するなど話題に。「“リップティント”は、持続可能な社会の実現に向け、成分を一つずつ精査している。サトウキビ由来のスクワランオイルを採用しているが、サトウキビの絞りかすはボイラーの燃料として再利用し、スクワランを1トン製造することでCO2を3トン削減するなど持続可能性のある製造方法を採用している。今後も可能な限りサステブルな取り組みを行っていきたい」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。