ビジネス

若手現代アーティストが「アウディ」とコラボレーション 六本木ヒルズで展示を開催

 ドイツ発プレミアムカー・ブランドの「アウディ(AUDI)」は10月22日〜11月3日、東京・六本木ヒルズのヒルサイド2階、ヒルサイドカフェ/スペースで一般社団法人日本現代美術商協会(以下、CADAN)とコラボレーションで車と現代アートの展示「カダン 六本木 プレゼンテッド バイ アウディ」を行う。

 会場のエントランスを飾るのは、「アウディ」の新作フラッグシップ電気自動車“アウディe-tron GT”にアーティストの大山エンリコイサムがアートワークを施したラッピングカー。大山が活動の拠点とする米ニューヨークのストリートアートのエレクトロニクスをイメージするブルーと車の疾走感をミックスさせた作品「FFIGURATI#341」は、コラボカーだけでなく、六本木ヒルズ内各所に散りばめられている。

 この展覧会を企画・運営するアートのプラットフォーム企業であるマグアスの上坂真人社長は、「日本にアートのある生活を根づかせたいという考えからマグアスを立ち上げた。今回『アウディ』の協力を得た展示では本物の現代アートを紹介したいと思いCADANに相談し、10人の若手現代アーティストを推薦してもらった」とコメント。

 出品アーティストは、小林優平、大山エンリコイサム、大野智史、川人綾、二艘木洋行、藤崎了一、ユアサエボシ、前田紗希、今井俊介、SHIMURAbrosで、これら10点の作品はすべて購入可能だ。

■「CADAN ROPPONGI presented by Audi」
日程:2021年10月22日〜11月3日
会場:六本木ヒルズ Hills café/Space ヒルサイド2F
営業時間:11:00 〜21:00(最終入場20:30)
※営業時間の可能性あり
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら