ファッション

アパレルのサステナブル・シフトVol.5 業界のリーダーとして“無駄”をなくすイノベーションを発揮 ファーストリテイリング

有料会員限定記事

 サステナブルなモノづくりとビジネスへシフトしたい、でも何から始めてよいかわからない。本連載はそんな迷えるアパレル企業の指針となるべく、サステナビリティ・シフトを進める先行企業の実践例や、最近シフトを始めて試行錯誤する企業の声や課題を集めた。これを読めば“できることから”の答は、今までやってきたことの中にあることがわかるだろう。第5回はファーストリテイリングだ。

 ファーストリテイリングは、「ピープル(サプライチェーンの人権課題)」「プラネット(地球環境保護)」「コミュニティー(社会貢献)」を柱に、サステナビリティに取り組んできた。新田幸弘ファーストリテイリンググループ執行役員(サステナビリティ担当)は「ここ2、3年で、社会や市場からの期待が大きく変わった。従来のCSR部がサステナビリティ部に改編した時期から、お客さまや従業員、NGOなどと対話を重ねる中で、環境や人権に配慮したもの作りを本格化した」と振り返る。現在サステナビリティ部は、日本で約40人、世界20以上の国・地域で約100人のメンバーが在籍し、それぞれ「サプライチェーンの人権」「環境」「社会貢献」「情報開示」のカテゴリーに分かれて活動している。最近では、ビジネス部門がサステナビリティ戦略を兼務するケースも増え、ビジネスとサステナビリティを一体化した組織体制を整えている。

 過去の人権に関する取り組みでは、国連女性機関と連携し、アジアの取引先縫製工場で働く女性を対象としたキャリア形成支援や、国際労働機関とのパートナーシップの下、インドネシアで労働者の社会保障と労働環境の整備を支援するとともに、同社が生産拠点を置くアジア7か国で労働市場と社会保障制度の調査を通じて労働者を取り巻く環境における課題の特定に取り組んだ。新田執行役員は、「安心・安全に働くことができるコンプライアンスは当たり前。それ以上に働く人のモチベーションやエンパワーメントにつながる活動に力を入れてきた」と話す。

この続きを読むには…
残り831⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら