ファッション

「ヴァレンティノ」が“ワクチン接種済み”フーディー発売 収益を全額寄付しワクチン供給を支援

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、新型コロナウイルス感染拡大抑制への支援を目的とした限定フーディーのプレオーダーを9月23日から公式オンラインブティックで受け付ける。価格は590ユーロ(日本円は未定)。販売収益はユニセフに全額寄付し、世界にワクチンを供給するコバックス(COVAX)プログラムにおけるユニセフの活動に使用される。

 同プロジェクト始動のきっかけは、デューク・クリスチャン・ジョージIII(Duke Christian George III)が手掛けるファッションブランド「クロニー(CLONEY)」が、“VACCINATED(ワクチン接種済み)”とプリントしたフーディーを制作したこと。ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=「ヴァレンティノ」クリエイティブディレクターがこの取り組みに賛同し、「クロニー」が最初に販売した5枚のフーディーを全て購入して、レディー・ガガ(Lady Gaga)ら親しい友人にも贈ったという。「ヴァレンティノ」の限定フーディーには、メゾンのシグネチャーであるVロゴと、“VACCINATED”のメッセージをあしらった。

 ピッチョーリは、「ワクチン接種は、世界中に広がるパンデミックに対するもっとも有効な手段であるとともに、他者への思いやりや社会的責任の象徴でもある。残念ながら、すべての国に平等に新型コロナワクチンが供給されていない現実がある。『ヴァレンティノ』はこのコラボレーションを通じて、命を守るワクチンの供給をサポートするユニセフを支援する」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら