ファッション

「バレンシアガ」と「フォートナイト」がコラボを発表 リアルとゲームの両世界で楽しむコレクション

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」と人気オンラインゲーム「フォートナイト(Fortnite)」が21日、コラボレーションを発表した。ゲーム用のデジタルファッションを制作し、それらをリアルでも販売する。「フォートナイト」のロゴが入ったデニムジャケットやフーディー、キャップなど全6アイテムをそろえ、「バレンシアガ」の一部店舗やオンラインで扱う。価格は4万7300円〜16万9400円。

 ゲーム内では、「バレンシアガ」が2021年秋コレクション(2021-22年秋冬に相当)発表のために制作したオンラインゲーム「アフターワールド:ザ・エージ・オブ・トゥモロー(Afterworld: The Age of Tomorrow」に着想を得たエリアを特設する。「ストレンジ タイムス(Strange Times)」と題した同エリアに「バレンシアガ」の仮想店舗を設立し、ウエアやスキンをそろえる。ゲーム内アイテムは、「バレンシアガ」の2021年〜20年のコレクションを基にデザインしており、実際のアパレルを3Dスキャンしてゲーム内に落とし込んでいる。

 デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=「バレンシアガ」アーティスティック・ディレクターはコラボに際して、「フォートナイトの制作会社、エピック(EPIC)とのパートナーシップが誕生したきっかけは、『アフターワールド』だった。コレクション発表のために制作して以来、『フォートナイト』コミュニティーやオンラインゲーム、仮想世界の持つ“新しい”創造力に触発され続けている。デジタルとリアルの世界を交差しながらタッグを組んでいけることが光栄だ」と語った。

 エピックはこれまで、トラヴィス・スコット(Travis Scott)やアリアナ・グランデ(Ariana Grande)を招待してゲーム内でコンサートを開催した。デジタルとリアルの融合や、音楽やエンタメ業界とのつながりの構築に積極的だが、ラグジュアリーブラントとコラボするのは今回が初めて。アダム・サスマン(Adam Sussman)エピック・ゲームズ プレジデントは、「『フォートナイト』は自己表現の場であり、ゲームだけをするものではない。そういう意味では、1つの“ファッション”だ」とコラボに期待を寄せる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら