ファッション

藤田ニコルの新ブランド「カルナムール」がラフォーレ原宿で初のポップアップ

 藤田ニコルがディレクションする「カルナムール(CALNAMUR)」は、ブランド初となるポップアップストアをラフォーレ原宿2階のコンテナ(CONTAINER)に8月27〜31日に開く。
 
 「カルナムール」は、今年終了した「ニコロン(NICORON)」に続く、藤田がディレクターを務める2つ目のブランドとして2021-22年秋冬シーズンにデビュー。幅広いライフスタイルを送る人々に向けて、着回しやすさを意識したアイテムを提案する。ブランド名は藤田自身の誕生日花である“カルミア(KALMIA)”と月を意味する“ルナ(LUNA)”、仏語で愛の“アムール(AMOUR)”を合わせた造語だ。

 アイテムは、スエットトップス(税込8000円)やスエットパンツ(同7500円)、ボウタイブラウス(同7000円)、セーラーカラーニット(同7500円)など。オンラインでの先行予約では扱っていない新色もそろえる。

 ポップアップのオープンを記念したノベルティーも用意。税込1万2000円以上購入すると、先着で手鏡の“カルナムール スライド ミラー”の原宿限定色となるブラウンをプレゼントする。

■「カルナムール」ポップアップストア
期間:8月27〜31日
場所:ラフォーレ原宿2階 コンテナ
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら