ファッション

「メゾン マルジェラ」 × 「リーボック」の新作 大胆にカットアウトされたグラディエーターサンダル風

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は6月18日、「リーボック(REEBOK)」とのコラボレーションスニーカー“クラシックレザー・タビ・ハイ(Classic Leather Tabi High)“を発売する。

 デザインは「リーボック」の定番ランニングシューズ“クラシック レザー(CLASSIC LEATHER)“のハイトップスニーカーをベースに、つま先が2つに分かれた「メゾン マルジェラ」のアイコンシューズの“タビ(TABI)“を融合。そこに「メゾン マルジェラ」の服やアクセサリーの本質的な輪郭だけを残して削ぎ落とす“デコルティケ(decortique)“のテクニックで、アッパーをパネル状にカットアウトすることでグラディエーターサンダル風に仕上げた。

 色はブラック、ホワイト、レッドのレザーに加え、ブラックレザーにホワイトペイントを施したビアンケットの4種をラインアップ。ビアンケット加工は「メゾン マルジェラ」で多用される技法で、履くたびに剥がれて経年変化を楽しめる。価格は単色のレザータイプが税込8万300円、ビアンケットタイプが同8万6900円。「メゾン マルジェラ」と「リーボック」の公式オンラインストアのほか、「メゾン マルジェラ」の直営店、一部セレクトショップで取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら