ビジネス

高島屋が都内でほぼ営業再開 日本橋の客「買い物できてうれしい」

 高島屋の都内4店舗(日本橋高島屋S.C.、タカシマヤタイムズスクエア、玉川高島屋S・C、立川高島屋S.C.)は12日、特選、衣料品などの大部分の売り場を再開した。同社は東京都からの休業要請に従い、4月25から食料品と化粧品、一部の婦人雑貨以外の売り場を休業していた。緊急事態宣言の延長で休業要請は継続しているものの、主要百貨店では他に先んじて営業範囲を拡大した。

 開店時刻の10時半。日本橋高島屋S.C.本館では、入り口に並んでいた30人ほどの客がぞろぞろと店内に入り始めた。平日の再開にも関わらず、化粧品や婦人雑貨、一部特選ブランドを取り扱う1階では、間もなく待機列ができた売り場もあった。スタッフは客同士に適切な間隔を取るよう促し、入店人数が限られる中、ゆっくりと店内に誘導していく。

 飯塚武志店長は売り場の再開について「生活必需品の範疇であり、お客さまの要望に応じたもの」と強調するが、。フロアにより客入りはまちまちだ。上層の衣料品フロアはがらんとしており、宝飾品や美術品など、照明が落ちて休業中の売り場も点在する。5階ランドセル売り場には、さっそく購入相談カウンターに座る客もいた。同ランドセル売り場は現在、完全予約制で運営。平時であれば大型連休に販売のピークを迎えるが、今年は連休中を休業したため、「現在も問い合わせが続いている」(同社広報)という。小学1年生の母親の女性は、「売り切れてしまうかもと、あわてて来た」と話した。

 開店から30分がたち、すでに買い物袋を提げた客の姿も。日本橋に住む50代の女性は、同店の食料品フロアを日常的に利用し、時間があるときは特選フロアや衣料品フロアも見て回るという。手に提げた大きな買い物袋の中身は、高級ブランドのバッグだ。「久しぶりにお気に入りの店で買い物ができてうれしい。ずっと品薄で、欲しかったバッグだった」と満足した様子。「百貨店は心の潤い。いつも開いているとうれしい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら