ファッション

群馬・桐生の名店「エスティーカンパニー」が「ダブレット」とタッグ “ぐんまちゃん”Tシャツを発売

 群馬・桐生の専門店「エスティーカンパニー(ST COMPANY)」は4月29日から、「ダブレット(DOUBLET)」との共同企画商品として、群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」のモチーフを取り入れたTシャツを販売する。「ダブレット」が2021年春夏物で企画している、胸ポケットにクマの縫いぐるみを入れたTシャツの「ぐんまちゃん」バージョン。ご当地アイテムとして人気を集めそうだ。
 
 カラーは白、黒の2色があり、4サイズ展開、各2万5300円(税込)。元の「ダブレット」のクマTでは“FOREVER MY FRIEND”となっている刺しゅう部分を、「ぐんまちゃん」Tでは“FOREVER MY HOME”とし、群馬愛をアピール。桐生の本店のほか、高崎オーパ内の店舗と自社ECでも販売する。県のキャラクターである「ぐんまちゃん」を使用するため、「県側の担当者との長期のやり取りを経て実現にこぎつけた」(エスティーカンパニー担当者)渾身の商品だ。

 「エスティーカンパニー」は前身のショップ時代を含め、桐生で約40年にわたって運営しているセレクト店。仕入れているのは「ダブレット」のほか、「ハイク(HYKE)」「ミュラー オブ ヨシオ クボ(MULLER OF YOSHIO KUBO)」「ファセッタズム(FACETASM)」「アンドワンダー(AND WANDER)」など。首都圏や新潟県などからもわざわざ客が訪れる“デスティネーションストア”として、近年ますます注目を高めている。「ぐんまちゃん」Tシャツ発売日の29日からは、桐生の本店で吉田カバンの「ポーター(PORTER)」の“タンカー(TANKER)”のポップアップストアも開催する。5月9日まで。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら