ファッション

「ワランス」が新コンセプトでリニューアル 自然な色の変化を楽しむ草木染めアイテム提案

 WANOVA(ワノバ・旧神戸ドリーム)は、婦人服ブランド「ワランス(WALANCE)」を2021年春夏シーズンからリニューアルした。ブランドリニューアルに伴い、神戸ドリームは社名をWANOVAに変更。持続可能なモノ作りに注力する方向性を固めた。

 同ブランドは“あなたに、世界に調和する。気のいいふく”を新コンセプトに掲げ、自然との繋がりを感じさせる草木染めのアイテムを中心に提案する。世界51カ国を旅した中村法子クリエイティブ・ディレクターが、バリのウブドで出合った草木染め工場と連携し、旅先からインスピレーションを得た世界観を色鮮やかに表現した。

 中村クリエイティブ・ディレクターは「草木染めの気持ちの良い色を見たときに、自分の中で停滞気味だったクリエーションへの気持ちが再び動き出すのを感じた。草木染めは光に弱く色落ちしやすいが、自然な色の変化を楽しむことを提案したい」と話す。素材はGOTS認証取得済みのオーガニックコットンや、RWS(Responsible Wool Standard)認証取得済みのウールなどで、価格帯はワンピースで2万5000〜3万円。自社ECをはじめ、ロンハーマン、ドゥーズィエム クラスなどで順次取り扱いを開始する。

 現在、ロンハーマン千駄ヶ谷店や二子玉川店などでは、ポップアップイベントを開催中。セチャンとマホガニーで染めたトップス(2万3100円)やイージーパンツ2万8600円などの別注アイテムも販売する。

■WALANCE “NATURAL DYE COLLECTION”ポップアップストア
日程:4月17日〜5月9日
場所:ロンハーマン千駄ヶ谷店、二子玉川店、辻堂店、六本木店、福岡店

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら