ビューティ

白髪染めは“透明感”にもこだわる時代 赤みと濁りのない鮮やかなグレイカラー「エドル クオン」登場

 タカラベルモントの理美容室専売ブランド「ルベル(LEBEL)」は、技術者専用ヘアカラーシリーズ“エドル”から、グレイカラーライン“エドル クオン”を4月21日に発売する。

 “エドル”シリーズは、赤みに縛られない自由な色表現をかなえるファッションカラーとして、2019年2月の発売以来、幅広い世代が求める外国人のような透明感カラーを提供してきた。

 ブリーチを使ったデザインカラーやハイトーンカラーの人気は、大人女性へも広がっているが、白髪染め(グレイカラー)では、自由なカラーデザインをあきらめる人が多い状況だった。

 そこで“エドル クオン”では、作用成分の浸透を高め、ベースの赤みを効率よく消し、美しい色艶を保つ“エドル”独自の処方をグレイカラーに最適化したシナジープレックスオイル処方を採用。白髪への染着作用を高めながら、黒髪にも白髪にも均一な透明感を与える。

 白髪までクリアに染め上げる高い発色力と染着力、薄くなった染料の定着領域(CMCβ層)を補強することでかなえる色持ちのよさ、さらにしなやかで艶のある美しい仕上がりで、年齢や性別にとらわれず自由に楽しめるグレイカラーとなっている。

 質感を楽しむベースカラー21色と、色を楽しむシェードカラー20色の全41色。ファッションカラーのような透明感カラーを求める大人女性にもフィットする13レベルまでの幅広いラインアップで、ブリーチとの組み合わせでクリエーティブなカラー提案の幅が広がる。

 ライン名にある“クオン=久遠”は、永遠、いつまでも続くこと、遠い過去や未来を意味する日本語。大人の女性たちに“自由に、自分らしさをいくつになっても貫き続けてほしい”という思いを込めてネーミングした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら