フォーカス

ストレイテナーとBIGMAMAが語るロックバンドのファッション事情

 

 ロックバンドシーンでファッションに定評のあるBIGMAMAのボーカリスト金井政人が、ストレイテナーのホリエアツシと日向秀和の先輩ミュージシャン2人を招いてファッション鼎談を行った。金井は「ジュン オカモト(JUN OKAMOTO)」とのコラボレーションでステージ衣装を制作するなど、“王子”とファンや関係者から親しまれるスタイルの持ち主。ストレイテナーのフロントマンであるホリエは「エンハーモニック タヴァーン(ENHARMONIC TAVERN)」のコレクション音楽を手がけ、ファッション・デザイナーらとの親交も深い。ベーシストの日向はステージやインスタグラムで見せる個性派ファッションが支持を得ている。ライブで全国を巡る機会も多い彼らのファッション事情とは?

楽しみはツアー中に見つけたお店巡り

日向秀和(以下、日向):バンドマンならではのファッションの楽しみ方は、全国ツアー中に見つけたお店巡りですね。セレクトショップに行くのが好きで、バイヤーさんが何を思って服を仕入れたのかを聞くのが楽しみなんです。ブランドのデザイナーさんかと思うくらいその服について詳しくて、愛のある方が多いじゃないですか。熱い話を聞かされると、グッときてつい購入してしまいます。昨年のツアーでは鹿児島のお店、ズール(ZOOL)が良かったな。そこで「ナナミカ(NANAMICA)」のジャケットを買いました。

ホリエアツシ(以下、ホリエ):僕はズールでオーロラシューズを買いました。西海岸色の濃いセレクトだったのですが、置いてあったものが良くて。広い敷地にアーティストの作品を飾るギャラリーや庭もある空間が素敵でした。カッコいいお店は地方に行くと目立っているんですよ。自分が知らなかったブランドの洋服を買うこともあります。店員さんもお客さんも熱量があるから、地方だと財布の紐が緩みます。

金井政人(以下、金井):僕も昨年のツアーで広島を訪れた時、ミライ(MIRAI)というセレクトショップに行きました。自分の好きな「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」を取り扱っているからのぞいてみたら良いお店でした。ストレイテナーの2人も常連だといま聞いて驚いています。服好きのバンドマン同士、つながりますね。