フォーカス

気になる2大ニットは、おじいちゃん&ローラのニット!?

 さぁ、2016-17年秋冬メンズ・コレクションは中盤戦に突入!ミラノメンズがスタートしました!ちょっぴり低調だったロンドンに比べ、ミラノは引き続き絶好調!初日のハイライトは「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」「マルニ(MARNI)」「ジル・サンダー(JIL SANDER)」「ニール バレット(NEIL BARRETT)」あたりでしょうか?この後お知らせする、超私的ランキングは、早くも混戦模様です(笑)。

「タッキー」アイテム
おじいちゃんニットにトレンドの兆し

 「ニール・バレット」は、得意のレザー、今シーズンはボア付きの重衣料とネオプレンのジョギングパンツ、それにジャージーや1970年代風のレトロなニットのコンビネーションが新鮮でした。もちろん、レトロと言っても化繊を加えて機能性を高めたものですが、雰囲気は「おじいちゃんが青春時代に着て、その後はすっかりタンスの肥やしになっていたニットを、何十年かぶりに引っ張り出してきた」カンジ。「じぃじの懐かしニット」とでも呼ぶべきでしょうか?今シーズンのトレンドアイテムです。きっかけは、半年前の「ラフ・シモンズ」でしょうか?

 「ラフ」は半年前、こんなニットにリメイク風チェックシャツ、スーパーフレアパンツ、そしてマキシ丈のコートというスタイルを提案しました。このスタイル、特にニットは今シーズン、ロンドンからピッティ、そして、ミラノにいたるまで、いろんなブランドに波及している印象があります。ちょっとダサい、「タッキー」なアイテムとも言えるでしょう。

[rel][item title="【ルック】「ニール・バレット」2016-17年秋冬ミラノ・メンズ・コレクション" href="https://www.wwdjapan.com/collection/look/neil-barrett/2016-17-fw-milan-mens-collection/" img=“" size="small" font="large"][/rel] [rel][item title="【ルック】「ラフ・シモンズ」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション" href="https://www.wwdjapan.com/collection/look/raf-simons/2016-ss-paris-mens-collection/" img=“http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/06/raf_og.png" size="small" font="large"][/rel]

次ページ:ローラも好き!?男子も「萌え袖フゥフゥ」ニット ▶