コレクション

「コム デ ギャルソン・オム プリュス」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

切り刻みスーツを否定することで認めたストリートの力
 「コム デ ギャルソン・オム プリュス」の2016年春夏は、切り刻まれたフォーマルウエアから幕を開けた。ジャケットとパンツには、貴族の紳士・淑女が乗馬やゴルフを楽しんでいる様子を描いたイラスト。生成りのような色に、褪せた色で描き、懐かしいムードを漂わせる。Vゾーンも伝統的な装いに準じ、窮屈に見えるほど詰まったスタイルだ。一見するとコンサバでクラシックだが、そんな洋服の背面には、真一文字の大きな切り込みを加えた。それは、まるで芸術家が、自分の作品に納得できず切り刻んだキャンバスのようにさえ見える。ジャケットの下には、伝統的なチェックのシャツ。しかし胸の周りには大きなスナップボタンを多数取りつけ、こちらはパンクなムードが漂わせた。ショーは、クラシックなスーツを切り刻み、シャツに反骨精神を付与することで、フォーマルを否定したかのようなスタイルから幕を開けた。

 以降コレクションは、引き続きスーツを切り刻みながら、徐々にストリートの様相を強めていく。ジャケットの下は、例えばシャツ地で作ったダブルのロングライダースブルゾンや、同じ生地を用いたトレンチコートなど。さらにはロング丈のアイテムの上に、同素材で作ったコンパクト丈のジレなどを重ねるという、今ドキなレイヤードスタイルさえ登場する。丈の異なるアイテムを重ねたことを見せるため、ジャケットは裾回りを大胆にカットオフしてギザギザに。フォーマルを否定した前半に対し、後半は、間逆のストリートの力を認め、そのスタイルを取り入れたという雰囲気だ。

LOOK

あなたにオススメ