ファッション

「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

リカルド流ゴス、ワークウエアの要素でヘルシー志向に

 序盤は、オールブラックのテーラードに大きなカギのアクセサリーを付けた“看守”。テーラードコートの中に、ショーツとエプロンをレイヤードする。そこに、イエス・キリストのグラフィックが目を引く“囚人” が交互に登場。彼らはストリートスタイルから、徐々にワークの要素を強めていった。リカルドが好む強い柄合わせのゴスなスタイルは健在だが、この場合のワークは囚われの身の強制労働というイメージというよりはむしろ、ヘルシーなムードにシフトしてゆく。重々しい雰囲気から徐々に明るくなったカラーパレットと、キーモチーフの星とイニシャル「G」をコラージュしたブルーデニムのシリーズが、その印象を強めている。

 ラグジュアリー・ストリートの雄が見せたストリートルックは、ビッグフォルムの半袖シャツに、オーガンジーで仕立てたVネックトップスのレイヤード。ショーツに重ねたエプロンも、軽素材のプリーツニット。爽やかなブルーとライトなテクスチャーで、リラックスしたスタイルだ。一方のワークスタイルは、ワイドシルエットのデニムオーバーオールに共地のバルカラーコートなど。デザインはステッチディテールや大きなユーティリティー・ポケットを付ける程度に留め、エフォートレスでウエアラブルにまとめている。緑豊かな公園でコレクションを披露したことも、ヘルシーなイメージに一役買ったようだ。ショーには15-16年秋冬オートクチュール・コレクションを着たナオミ・キャンベルがゲストに登場し、観客から歓声が湧いた。

BACKSTAGE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら