ファッション

スイスの時計「ティソ」が1月30日、銀座に旗艦店をオープン

 世界最大の時計企業スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下のスイスブランド「ティソ(TISSOT)」は1月30日、東京・銀座の中央通りに面したニコラス・G・ハイエックセンターの地下1階に、日本における旗艦店となる「ティソ ブティック銀座」をオープンする。売り場面積は約100平方メートル。

 同店ができるのは2020年11月までスウォッチ ブティック銀座だった場所で、ニコラス・G・ハイエックセンターには8~13階にスウォッチ グループ ジャパンが入るほか、2階に「オメガ(OMEGA)」、3階に「ブレゲ(BREGUET)」など同グループ傘下のブランドのブティックが多数出店している。

 「ティソ」にとってはティソ 代官山コンセプトストア、ティソ ブティック戎橋に次ぐ国内路面3店舗目となり、電池交換や磁気帯びチェック、ストラップのパーソナライゼーションを受け付ける“ティソ ラトリエ(TISSOT L'ATELIER)”を「時計について気軽に相談できるタッチポイント」(プレス担当者)として世界で初めて設ける。またインテリアには木材を多用して「スイスの自然をイメージした温かみのある空間を目指し」、オープン型のショーケースを採用することでガラス越しではなく、直接時計の質感や色を感じられるようにする。

 オープンを記念して特別な3モデル(各30本限定)も発売する。いずれもネイビーを基調としたもので、ケースバックにイラストレーター遠山晃司による“GINZA×TISSOT”の手描き文字をあしらう。ティソ ブティック銀座のみの扱いだが、「コロナに伴う状況を鑑み、またお客さまに安心して買い物していただけるよう、来店いただかなくとも電話やメールで問い合わせ等を受け付ける」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら