ファッション

「キジマ タカユキ」から「オーラリー」と「スタイリスト私物」とのコラボキャップが発売

 「キジマ タカユキ(KIJIMA TAKAYUKI)」は、「オーラリー(AURALEE)」とスタイリストの山本康一郎の「スタイリスト私物」とコラボした帽子をウェブサイト上で抽選販売する。期間は12月19日10時から〜21日10時まで。当選者は22日12時から順次発表される。また「キジマ タカユキ」代官山店では、両サンプルの試着を12月18日まで行っている。営業時間は16時から20時まで。

 3ブランドのコラボによる“CASHMERE FLANNEL CAP”(2万5000円)は、定番キャップのつばを7mmの厚さに変更し、アウターとのバランスを追求。「オーラリー」が特別に製作したフランネル生地を使用し、厳しい環境のもとで育ったカシミヤ山羊の毛を100%用いて、ライナーにシンサレートの中綿を加えたことでボリュームと暖かさを兼ね備えた。また後ろ側のゴムギャザーによりフィット感を高め、内側のテープ裏にはサイズ調整用のベルクロアジャスターを付属した。

 また今回、昨年11月に発売した「スタイリスト私物」とのコラボモデル“LAYERABLE COTTON HAT”(1万6000円)の販売も合わせて行う。昨年のモデルからブリムを5mm広げ、クラウンの角を取り、前回より丸みのあるシルエットに仕上げた。耐水・はっ水性を備えたコットン100%の高密度オックスを使用し、ウレタンコーティング加工を生地の裏側に施しハリ感を出した。本体内側にはフィット感を調整できるドローコードを付属したほか、オーバーサイズ設計によりキャップとのレイヤーが可能だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら