ファッション

独「ローデンストック」の日本の眼鏡販売代理店がデリーゴジャパンに 日本法人は閉鎖

 ドイツのアイウエア企業ローデンストック社は、日本における同社ブランドのフレームとサングラスの独占販売契約をデリーゴジャパンと締結した。
デリーゴジャパンが、ローデンストックグループ製品の日本の独占販売代理店として「ローデンストック(RODENSTOCK)」と「ポルシェデザイン(PORSCHE DESIGN)」の2ブランドを2021年2月1日から販売し、ローデンストックジャパンは21年1月末で閉鎖される。

 ローデンストックグループのアンダース・ヘデガード(Anders Hedegaard)最高経営責任者(CEO)は「経験豊富で信頼できるビジネスパートナーによって、われわれの優れた商品を素晴らしいサービスで日本市場に提供できることをうれしく思う」とコメント。

 デリーゴジャパンはイタリアの大手アイウエア企業デリーゴ(DE RIGO)の日本法人で、ハウスブランドの「ポリス(POLICE)」をはじめ、「ショパール(CHOPARD)」や「フルラ(FURLA)」などのアイウエアを手掛けている。ミケーレ・アラクリ(Michele Aracri)=デリーゴCEOは「日本は高品質の商品を展開する大切な市場であり、その市場に適した素晴らしいブランドを新たに当社のポートフォリオに加えてお客さまに提供できることはとても喜ばしいことだ」とコメントした。

 「ローデンストック」は1877年、ヨーゼフ・ローデンストック(Josef Rodenstock)が設立した老舗企業で、本社はドイツのミュンヘン。世界80カ国以上に販売網を持ち、多くの特許を有する高い機能性を持った商品に定評がある。