ファッション

今年を象徴するおしゃれな著名人は?「ベストドレッサー賞」に田中みな実、伊藤忠商事社長ら

 日本メンズファッション協会は、第49回「ベストドレッサー賞」の発表・授賞式を11月25日に、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行った。

 同賞は、ファッションセンスだけでなく、魅力ある人間性、話題性、国際性など幅広い観点から、各界で活躍する著名人を選出、表彰するファッションアワードで、今年49回目を迎えた。今回は、鈴木善久・伊藤忠商事社長COO(政治・経済部門)、日本舞踊尾上流四代家元の尾上菊之丞(学術・文化部門)、田中みな実(芸能部門)、中村倫也(芸能部門)、プロeスポーツ選手のときど(スポーツ部門)の5人が選ばれた。

 田中みな実は授賞式に着用したドレスについて、「受賞が決まってからスタイリストと一緒に考えて最後に2着を選び、会場を見てこれに決めた」とエピソードを披露。光沢感があるスーツを着用した中村倫也は「最近スーツを着る役が多く、背筋が伸びる感じがする。散歩が好きで、その際にファッションの店をまわっている」などとコメントした。また伊藤忠商事の子会社のコロネットが手掛けるイタリアブランド「カナーリ(CANALI)」のスーツで登場した鈴木善久・伊藤忠商事社長COOは、「ふだんは、その日にお会いする方々の顔を思い浮かべながら自分でコーディネートを考えるが、プロの手ほどきを受けるのも大事。(伊藤忠商事は仕事の発想を広げるため“脱スーツ”を推進しているが)社員は伊勢丹新宿本店と協力して、プロトコールに合ったカジュアルウエアのコーディネーションが実現できている」などと話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら