ファッション

KING-MASAが京都老舗「祇園辻利」とコラボ 辻利史上初めて抹茶でTシャツを染色

 京都出身のKING-MASA(キングマサ)が手掛ける「オールウェイズ アウト オブ ストック(ALWAYS OUT OF STOCK)」は、1860年創業の宇治茶の老舗「祇園辻利」とコラボする。「祇園辻利」がファッションとコラボするのは初めて。祇園辻利の抹茶で染めたTシャツなどを京都のセレクトショップ「エレファンツ(ELEPANTS)」(京都市中央区十文字町437)で10月24日に発売する。

 今回発売するものは、昨年の「コンプレックスコン(ComplexCon)」で販売した抹茶色をテーマにしたコレクションをアップデートした。「祇園辻利」とコラボした抹茶染めTシャツ2型(1万2000円)と「エレファンツ」とのコラボTシャツ1型(9000円)、ロングスリーブTシャツ(1万2000円)、フーディー(3万円)、マスク(2500円)をラインアップし、「エレファンツ」限定の「祇園辻利」ティーボックス(4500円)も発売する。「祇園辻利」とのコラボTシャツは、本物の抹茶で染色しており、お茶の香りもするという。

 24日と25日は「祇園辻利」所有の茶器とともにコレクションを並べ、KING-MASA本人が店頭で接客する。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら