ファッション

KING-MASAが京都老舗「祇園辻利」とコラボ 辻利史上初めて抹茶でTシャツを染色

 京都出身のKING-MASA(キングマサ)が手掛ける「オールウェイズ アウト オブ ストック(ALWAYS OUT OF STOCK)」は、1860年創業の宇治茶の老舗「祇園辻利」とコラボする。「祇園辻利」がファッションとコラボするのは初めて。祇園辻利の抹茶で染めたTシャツなどを京都のセレクトショップ「エレファンツ(ELEPANTS)」(京都市中央区十文字町437)で10月24日に発売する。

 今回発売するものは、昨年の「コンプレックスコン(ComplexCon)」で販売した抹茶色をテーマにしたコレクションをアップデートした。「祇園辻利」とコラボした抹茶染めTシャツ2型(1万2000円)と「エレファンツ」とのコラボTシャツ1型(9000円)、ロングスリーブTシャツ(1万2000円)、フーディー(3万円)、マスク(2500円)をラインアップし、「エレファンツ」限定の「祇園辻利」ティーボックス(4500円)も発売する。「祇園辻利」とのコラボTシャツは、本物の抹茶で染色しており、お茶の香りもするという。

 24日と25日は「祇園辻利」所有の茶器とともにコレクションを並べ、KING-MASA本人が店頭で接客する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら