ファッション

「スポークンワーズプロジェクト」が2時間の超ロングファッションショー、影絵師とコラボ

 東京ブランド「スポークンワーズプロジェクト(SPOKEN WORDS PROJECT)」は9月22日に、2021年春夏コレクションを2時間に及ぶファッションショー「YATO~神話における女龍とその衣装~」としてオンラインで配信する。影絵師の川村亘平斎氏とミュージシャンの幸町バグパイプクラブの7人のメンバーとコラボレーション。8人の演者の衣装をデザインする。衣装は、「スポークンワーズプロジェクト」の真骨頂であるスクリーンプリントや染色が施されており、同時に1枚のフラットなスクリーンにもなるため、影絵師である川村氏の操る影絵の舞台にもなる。飛田正浩デザイナーは「このご時世にファッションが出来ることやるべきことを考えた。いにしえからの教えや災難時の人々とその心、奉納の意味での衣装、芸術と人々、民俗学と流行などをテーマに織り込んだ」という。

 ショーは、東京・町田市の簗田寺で毎年開催される縁日「YATOの縁日」に、同ブランドが参加する形。ライブ中継は「YATOの縁日2020」のユーチューブとインスタグラム(@yato500net)のアカウントのほか、栄町バグパイプクラブのメンバーのアカウントで中継される。なお、「YATOの縁日」会場での一般公開は行わない。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら