ファッション

米「ブルックス ブラザーズ」再建計画 新たな親会社の思惑は?

有料会員限定記事

 米アパレル運営会社のスパーク・グループは8月11日、破綻した米ブルックス ブラザーズを3億2500万ドル(約344億円)で買収した。1818年にニューヨークで誕生した「ブルックス ブラザーズ」はアメリカを代表する紳士服ブランドの一つだが、近年はオフィスファッションのカジュアル化によるスーツ離れを背景に業績が低迷。そこにコロナ禍による打撃が加わり破綻に追い込まれた。事業再建に当たり、スパークは商品の80%程度をアクティブウエアにするなどの計画を打ち出しており、年内にもそうしたバックグラウンドを持つ“大物デザイナー”を新たに起用するという。既存の店舗や経営陣がどうなるのかも含め、詳しく解説する。(この記事はWWDジャパン2020年8月24日号からの抜粋です)

Q1デザイナー候補としてウワサされるのは?

この続きを読むには…
残り2631⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら