フォーカス

ドイツ発、老舗せっけんメーカーが作るオーガニックサンケア 海外ビューティ通信ベルリン編

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」では、パリやニューヨーク、ソウル、シンガポールなど、4都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。(本文中の円換算レート:1ユーロ=124円。この記事はWWDビューティ2020年8月20日号からの抜粋です)

 熱波の影響を受けて気温38度を記録する日もあった昨夏は、8月末でも連日35度を超える猛暑に見舞われた。今夏も昨年ほどの猛暑ではないが、8月に入り連日30度を記録している。梅雨がなく湿度も低いドイツの夏は、カラッとしていて過ごしやすい。“夏は小麦色の肌が美しい”という概念を持つドイツ人にとって、日光浴は欠かせない習慣となっている。しかしドイツは日差しが強くて日照時間も長く、紫外線による肌トラブルを防ぐために日焼け止めが必需品となっている。

 市販されている日焼け止め製品は、アボベンゾンやオキシベンゾン、オクトクリレン、ホモサレート、オクチサレート、オクチノキサートといった紫外線吸収剤を使用しているものが多く、これらの化学物質アレルギー症状を引き起こす原因とされている。また、これらの紫外線吸収剤は人体だけでなく、サンゴ礁などの海洋生物に影響があるとして問題視されている。

 そんな中ドイツの老舗せっけんメーカー、SPEICK(スパイク)が3月に画期的な日焼け止め製品を発表した。スパイクは南ドイツのバーデンヴュルテンベルク州エスリンゲンに拠点を構えるオーガニックせっけんメーカーで、創設者で人類学者のウォルター・ラウによって1862年に創業され、1928年に会社が設立された非常に長い歴史を誇る。せっけん以外にボディーケアやヘアケア製品を展開しており、全ての製品に、オーストリアのノックベルグ国立公園内に生息する野生の真正スパイクのエキスが配合されている。真正スパイクとは別名スパイクハーブと呼ばれ、中枢神経系に鎮静効果をもたらし栄養神経系を刺激する効果があるといわれている。真正スパイクは保護高山植物に指定されており、海抜約1800mの高さから専門農家が手作業で採取する。非常に希少価値の高い植物であるため、スパイクのみが独占使用許可を得ている。

 新製品の日焼け止めシリーズは「サンローションSPF20」「サンローションSPF30」「サンクリームSPF30」「サンクリームSPF50」(全てPA+++)、そして「アフターサンローション」の5種類をそろえる。日焼け防止に酸化亜鉛を使用し、ビート根、ザクロ、セイタカヨシの植物エキス複合成分と真正スパイクが肌を保湿する。同シリーズは香料、合成色素、石油系ミネラルオイル不使用、グルテンフリー、乳糖フリー、動物性原料を使用しないビーガン対応となっており、ドイツを含む欧州5カ国合同で策定した世界でも厳しいオーガニック基準であるコスモスオーガニック認証を取得している。

 ドイツを代表するオーガニックコスメメーカーでも残念ながら香料を使用していることがあり、子どもに使用できないブランドや製品もある。スパイクの日焼け止め製品は肌にも海にも優しい上に、ありがちな白浮き問題も心配ない。さらにウオータープルーフ処方もされており、試さない理由が見つからないほど秀逸で安心・安全な製品が誕生したのだ。

宮沢香奈:フリーランスライター兼コラムニスト。プレス、ブランドディレクターなどを経て、フリーランスとしてPR事業をスタート。その後、ライターとして執筆活動を開始。2014年に東京からベルリンへ拠点を移し、ヨーロッパを中心とした現地情報を多数の媒体で執筆中

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら