ファッション

ジャケットの着こなしを楽しむ 2020-21年秋冬ミラノ・ファッション・ウイーク

 2月18~24日、2020-21年秋冬ミラノ・ファッション・ウイークが開催された。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」は無観客でのファッションショーを開催したほか、最終日に予定されていたショーがイタリア政府の指示により中止されるなど、普段とは少し様子の違った今回のファッション・ウイークだった。しかし会場付近にはシックなファッションに身を包んだファッショニスタが集結し、いつも同様にストリートは活気に満ちていた。

 今シーズンのミラノではジャケットを着用した人が多く、ベーシックなジャケットをはじめ、肩の張ったデザインやレザージャケット、オレンジ、淡いパープルなどの華やかなものなど、それぞれが好みのスタイルを楽しんでいた。スーツスタイルでは肩掛けやオーバーサイズのデザインをチョイスして抜け感を出したり、カッチリしたジャケットにはデニムやワイドパンツを合わせるなど、カジュアルダウンした着こなしが目立った。ベルトなどの小物使いにも注目だ。

 まだまだ冬の寒さが残るミラノでは足首まで届くようなロング丈のコートも人気だったが、ホワイトやベージュ、ピンク、オレンジなどの重さを感じさせない色や、ダウン素材では淡色をチョイスするなど、春の到来を意識した重くなりすぎないスタイルが多く見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら