ファッション

雨の日のロンドンではトレンチコートが主役! 2020-21年秋冬ロンドン・ファッション・ウイーク

 2月14~18日、2020-21年秋冬シーズンのロンドン・ファッション・ウイークが開催された。

 ロンドンらしくどんよりとした空の下、雨が降る日もあった今季のファッション・ウイーク。会場付近のストリートでは、春の到来を前にトレンチコートを着用している人が目立った。イギリス生まれのクラシックなトレンチコートは、もとは防水型の軍用コートとして「バーバリー(BURBERRY)」をはじめとするブランドが優れた製品を開発してきた歴史がある。そんな雨の日にぴったりのファッションでもあるトレンチコートは長めの丈がトレンドだ。クラシックなデザインからフリルをあしらったもの、チェック柄、レザー調やピンクなどブライトカラーまで、さまざまなスタイルのコートが見られた。

 ヘッドアクセサリーで周囲との差を見せつけた人も多く、つば広ハットにスカーフを合わせたクラシカルなスタイルや、カチューシャ、リボンといったアイテムでそれぞれが個性を演出していた。

 また最近は、ランウエイ、オフランウエイ共にロングブーツが復活の兆しを見せており、ロンドンのストリートでのトレンドも同様だった。しかし、若手ブランドや最新鋭のクリエイティブなデザインが多く集まるロンドンコレらしく、英国国旗をかたどったパンツやブルーに染めたヘアスタイル、印象的なアイメイクなど、トレンドを押さえながらも自分らしいスタイルを貫く人にも注目したい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら