ビューティ

「髪の菌活」で⾒た⽬年齢マイナス5歳に導くシャンプー&トリートメントが登場

 ヘアケアブランド「ボタニスト(BOTANIST)」などを展開するヘアケアブランド「ボタニスト(BOTANIST)」などを展開するアイエヌイー(I-NE)は3月2日に、菌の働きに着⽬したエイジングケアブランド「フローランス(FLORANCE)」をスタートさせ、第1弾として「ボリュームシャンプー」と「ボリュームトリートメント」を発売する。主な販路は全国のドラッグストアになる予定だ。(I-NE)は3月2日、菌の働きに着⽬したエイジングケアブランド「フローランス(FLORANCE)」をローンチ。第1弾として「ボリュームシャンプー」と「ボリュームトリートメント」を発売する。主な販路は全国のドラッグストアになる予定だ。

 “菌活”をヘアケアに取り⼊れた新発想のシャンプー&トリートメントで、頭⽪の潤いバランスを整える乳酸菌由来の美髪菌(保湿成分のエンテロコッカスフェカリス)を配合し、健やかな頭⽪環境と艶髪に導くことが特徴。艶髪をかなえることで印象が変わるため、“⾒た⽬年齢マイナス5歳”をうたっている。

 「⼈間の⽪膚には、⼤きく分けて善⽟の“表⽪ブドウ球菌” と悪⽟の“⻩⾊ブドウ球菌”、それに⽇和⾒菌(⽪膚上の善⽟菌と悪⽟菌のバランスに左右され、良くも悪くもなる菌)の“アクネ菌”の3つが⽣息している。健康な頭⽪には3つの菌がバランス良く⽣息しているが、“頭⽪の潤い菌”ともいわれる表⽪ブドウ球菌は年齢とともに減少し、それにともなって頭⽪の潤いも減少するとされる。そこで『フローランス』は表⽪ブドウ球菌に着⽬し、美髪菌を配合することで菌バランスのための環境を整えて頭⽪の潤いを保持し、健やかな髪と頭⽪状態へと導く」と同ブランドの広報担当は話す。

 また、アミノ酸系のもっちり泡が、頭⽪の潤いを守りながら余分な⽪脂をオフし、⽑⽳詰まりや乾燥が気にならない頭⽪に仕上げる。根元から弾むようなボリューム感をサポートするモイストバウンス処⽅を採用し、髪にハリとコシを与えるハリコシポリマー成分を配合している。合成着⾊料フリーであることや、オレンジやスズランなどをブレンドしたシトラスフローラルブーケの⾹りも特徴だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら