ニュース

前年比売り上げ約2倍のヒーロー製品「リップマエストロ」から韓国での人気色を日本で発売 「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」

 「ジョルジオ アルマーニ ビューティ(GIORGIO ARMANI BEAUTY)」は、好調なリップとフェイスカテゴリーを2020年度に強化する。そのカギとなるのが3月27日に発売する「リップマエストロ」の新色#205と、クッションファンデーションだ。

 リキッドルージュ「リップマエストロ」は同ブランドの中でもっとも売れているシリーズで、「19年は前年比190%増でブランド全体の売り上げの約2割を占めた。特に人気のカラーは#405で、『リップマエストロ』の購入者のうち、2人に1人が購入するほどの人気を集めている。また昨年秋に新色として発売した『リップマエストロ マットネイチャー#206』は、1週間で3カ月分の在庫が売り切れてしまうほどだった」と、沼尻綾香・日本ロレアル ロレアル リュクス事業本部 ジョルジオアルマーニ事業部 マーケティング マネージャーは語る。そこで今年は「リップマエストロ」を確固たるヒーロー製品にするために年6回のキャンペーンを行うなど、ブランド全体の売り上げの約3割にまで押し上げるという。

 #405と#206に次ぐ人気カラーの創出を試みて、韓国限定色で日本での発売を望む声が多かったブリックオレンジカラー「リップマエストロ #205」(4200円)を日本やアジア諸国で3月27日に発売する。またよりマットで高発色な「リップ マグネット」(4500円)も同系色の新色#200を発売する。

 さらにブランドの売り上げの4割を占め、同17%増だったフェイスカテゴリーにおいても新製品を同日に発売する。今回はクッションファンデ市場の継続的なブームと定番化に着目し、クッションファンデーション「デザイナー メッシュ クッション」SPF50・PA+++(全4色、各9200円)を打ち出す。独自のブルーピグメントやミルキードロップを配合し、気になるくすみを目立ちにくく仕上げる。独自のメッシュ素材によりミディアムからハイカバーまで取り方次第で自在に調整することが可能だ。

 ブランド全体としても19年は前年比30%増と好調だった。「昨年9月には大丸心斎橋店をオープンし、今年2月にはジェイアール名古屋タカシマヤに出店して7店舗体制になった。ジェネラルなブランドというよりもセレクティブなブランドとして、今後は出店よりも既存店舗を強固なものに育てていく」と話す。