ニュース

「イニスフリー」から桜をイメージしたコレクションが今春登場

 「イニスフリー(INNISFREE)」は3月1日、韓国・チェジュ島に咲く桜からインスパイアされたコレクション「2020 チェジュ カラー ピッカー」を発売する。チェジュ島のジョンノンロという街道に咲く桜をイメージし、やわかなピンクに染まったアイシャドウやリップ、ネイルなどをそろえる。

 目玉のアイシャドウパレット(3000円)はマットが4色、グリッターが4色、シマーが1色入っており、桜の花びらのようなソフトなピンクからゴールドラメを散りばめたコーラルピンク、マットなブラウンなど、ベースとしても締め色としても使えるカラーをそろえる。人気のフェイスパウダー「ノーセバム ミネラルパウダー」(750円)も淡いピンクに細かなシマーを入れた限定色で登場。余分な皮脂を吸着し、毛穴や凹凸をカバーしながら顔をナチュラルにトーンアップし、自然な艶を与える。スリムなスティック状のリップティント(3色、各950円)は滑らかなつけ心地で上品な艶を与え、レッド、オレンジ、ピンクのフレッシュなカラーをラインアップ。ハイライト(1200円)もパーリーピンクな色合いで春の日差しに映えるフレッシュな艶と立体感を演出する。ネイルのセット(1100円)は大粒のラメを閉じ込めたヌーディーなカラーと細かいシマーが光る桜ピンクの2色に、桜をモチーフとしたシールをセットにしている。

 また、同日には昨年9月に発売したスキンケアシリーズ「チェリーブロッサム」の限定セットも発売する。桜の葉のエキスを配合し、フレッシュな艶を与える同シリーズは発売後に完売を繰り返すほどの人気を得ている。特に桜の花びらのように肌を自然にトーンアップするクリームが人気。店舗ではトーンアップクリームの現品と化粧水、ローションのミニサイズのセット(2300円)、オンラインではトーンアップクリーム、化粧水、ジェルクリーム、ローションのミニセット(2800円)を数量限定で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら