ビューティ

ヘルステックの「フィンク」が約50億円の資金調達 創業者の代表CEOも交代

 予防ヘルスケア×AIテクノロジーに特化したヘルステックベンチャーのフィンクテクノロジーズ(FINC TECHNOLOGIES)は、第三者割当増資の実施を発表した。調達した資金は約50億円で引受先はアイザワ・インベストメンツ、伊藤忠食品、大正製薬、テレビ朝日ホールディングス、東芝、日本メディカルシステム、ピップ。これによって創業からの資金調達額は累計150億円強となった。同社は800万ダウンロードを達成したヘルスケア/フィットネス(ダイエット)アプリ「フィンク(FINC)」などを運営する。今回の資金調達によって「フィンク(FINC)」をはじめとした各種サービスに活用しているAIの開発や新規事業の拡大、マーケティングの強化を図る。

 また事業展開のスピードを加速する目的で、これまでの3人代表制から代表取締役1人に変更したことも発表された。これに伴い、創業者で代表取締役CEOの溝口勇児氏が退任し、新たに前代表取締役CTOの南野充則氏が代表取締役CEOに就任。小泉泰郎代表取締役CFOは取締役CFOとなった。また溝口氏は、非常勤取締役/ファウンダーとして「フィンク」をサポートする。新経営体制となり今後はコア事業への集中、「フィンク」の技術的強みの戦略的訴求、顧客に向き合ったサービス提供の強化を推進していくという。

 そのほか、AIや深層学習(ディープラーニング)を活用し、食事の画像を識別してカロリーや三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)を計算する「食事画像解析」機能の大幅アップデートや同社初の地上波テレビ番組提供となる「フィンク 1 分フィット」(テレビ朝日)が1月6日からスタートしたことなども発表された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら