1. オノ セイゲン「ギャルソン」のショー用に制作した楽曲の30周年記念盤を発売

オノ セイゲン「ギャルソン」のショー用に制作した楽曲の30周年記念盤を発売

アニバーサリー 新作

2018/12/6 (THU) 02:00

 名レコーディングエンジニアとして知られるオノ セイゲンは、1987年に発表した楽曲の30周年を記念し、自身がリマスタリングした「COMME des GARCONS SEIGEN ONO」を2019年1月23日に発売する。発売元は日本コロムビアのレーベル“BETTER DAYS”。CD(4000円)とLP(5800円)の2形態を用意する。

 87年の作品は、川久保玲「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」デザイナーの「洋服が綺麗に見えて誰も聴いたことがない音楽」という依頼を受けてショー用の音楽として作曲されたもので、アート・リンゼイ(Arto Lindsay)やジョン・ゾーン(John Zorn)、ジョン・ルーリー(John Lurie)らが参加している。同日に発売する未発表音源集「CDG Fragmentation」(CD3000円、LP3800円)も含め、いずれもその時代のエレクトロニカやアンビエントミュージックのシーンをにぎわせた“音”をオノ自身がリミックス、リマスタリングしている。

 なお2作品のジャケットは、80年代からの「コム デ ギャルソン」の企業広告や、88〜91年に同ブランドが発行していた雑誌「Six」でもアートディレクションを手がけている井上嗣也が担当した。

 オノは「30周年に“BETTER DAYS”(80年代の赤坂コロンビア・スタジオは僕の原点です)からリリースするにあたり現在考えられる最高の音質で仕上げた」とコメントしている。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    暴動が続くパリ 安全のためブランドや百貨店の臨時休業が相次ぐ

    企業動向商業施設社会情勢
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true