1. 原価を開示するD2Cブランド「10YC」 人気すぎて生産追いつかずブランド一時休止

原価を開示するD2Cブランド「10YC」 人気すぎて生産追いつかずブランド一時休止

企業動向 EC ブランド休止

2018/8/30 (THU) 01:00

 ベーシックアイテムに定評のあるD2C(Direct to Consumer)ブランドの「10YC」が8月31日をもってブランドを一時休止する。予想以上の販売数に対して商品を補充することができず、顧客に満足できる供給ができなかったことが理由という。サービス再開は10月上旬を予定する。休止期間に生産供給システムを整理し、今後の成長を見込んだ生産計画を立てる方針で、新しい販売方法のシステム構築、自社組織体制の強化などにも取り組む。

 下田将太・代表は、「新しい商品を作るための生産背景開拓に集中してきたことで、お客さまが欲しいときに欲しいものを安定的に、継続して作ることの仕組み作りができなかった」と説明する。

 「10YC」は大手アパレル出身の下田代表が2017年8月にクラウドファンディングでテスト販売を開始。11月にECサイトでの本格販売をスタートした。製造委託先の工場と直接取引をすることで従来の中間マージンを省いたD2Cブランドで、“10年着続けたいと思える服”をテーマに長く着られるベーシックなアイテムを生み出している。サイト上で原価を開示するオープンな仕組みを取り入れたことも話題を呼んだ。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    ローズバッドの渋谷本店が閉店へ

    Created with Sketch.
    企業動向閉店・閉鎖
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true