“ダッドスニーカー”の波は東京にも 2018-19年秋冬「アマゾン ファッション ウィーク東京」前半戦をお届け

ファッション・ウイーク・スナップ

2018/3/21 (WED) 14:00

 3月19日、「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon FashionWeek TOKYO以下、AFWT)」が開幕した。大雪となった今日までの3日間、「アンブッシュ(AMBUSH)」や「マメ(MAME KUROGOUCHI)」「ザ・ダラス(THE DALLAS)」といった「AFWT」初参加組から、「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」や「ユキ トリヰ インターナショナル(YUKI TORII INTERNATIONAL)」といった常連組まで、約30ブランドがショーを披露した。

 来場者の装いではここ数シーズンの定番であるオフショルダーを筆頭に、ボリュームのあるアウターに細身のパンツを合わせたり、キャップの上からフーディーを被ったりと引き続きストリート要素の強いスタイルが人気。PVCやナイロンといった素材を取り入れたスタイリングも目立つ。

 足元はシーンを席巻中のゴツめなデザインが特徴的な“ダッドスニーカー”が東京でもやはり支持を得ており、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の“トリプル S(TRIPLE S)”や「アディダス バイ ラフ・シモンズ(ADIDAS BY RAF SIMONS)」といったハイブランドのスニーカー着用者が多く見られた。一方で、低価格かつ斬新なデザインの「スケッチャーズ(SKECHERS)」や「ダンロップ(DUNLOP)」といった元祖“ダッドスニーカー”と言われるブランドの台頭も見られた。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

スナップランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false