ファッション

来たる2020年のカラーは“クラシック・ブルー”  落ち着き・信頼・つながりをもたらす安心感のある色

 パントン・カラー・インスティテュート(PANTONE COLOR INSTITUTE)は2020年の「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー(PANTONE Color of the Year)」として“クラシック・ブルー(Classic Blue)”を選定した。シンプルでありながらエレガントな“クラシック・ブルー”は夕暮れの空を連想させ、安心感をもたらす効果がある。

 リアトリス・アイズマン(Leatrice Eiseman)=エグゼクティブ・ディレクターは「私たちは信頼と信用を必要とする時代に生きている。“クラシック・ブルー”は普遍性や信頼感を表現しており、私たちにより深く考え視野を広げるよう促す色だ」と語った。

 「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」の選定は2000年にスタートした。世界の映画やアート、ファッションのほか、社会経済や最新技術、ライフスタイル、ソーシャルメディア、スポーツイベントなどの多領域を調査してトレンド分析を行う。

過去の「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」は下記の通り。
2019年 リビングコーラル
2018年 ウルトラ・バイオレット
2017年 グリーナリー
2016年 セレニティ、ローズクォーツ
2015年 マルサラ
2014年 ラディアント・オーキッド
2013年 エメラルド
2012年 タンジェリン・タンゴ
2011年 ハニーサックル
2010年 ターコイズ
2009年 ミモザ
2008年 ブルーアイリス
2007年 チリペッパー
2006年 サンドダラー
2005年 ブルーターコイズ
2004年 タイガーリリー
2003年 アクアスカイ
2002年 トゥルー・レッド
2001年 フクシャローズ
2000年 セルリアン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら