ファッション

来たる2020年のカラーは“クラシック・ブルー”  落ち着き・信頼・つながりをもたらす安心感のある色

 パントン・カラー・インスティテュート(PANTONE COLOR INSTITUTE)は2020年の「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー(PANTONE Color of the Year)」として“クラシック・ブルー(Classic Blue)”を選定した。シンプルでありながらエレガントな“クラシック・ブルー”は夕暮れの空を連想させ、安心感をもたらす効果がある。

 リアトリス・アイズマン(Leatrice Eiseman)=エグゼクティブ・ディレクターは「私たちは信頼と信用を必要とする時代に生きている。“クラシック・ブルー”は普遍性や信頼感を表現しており、私たちにより深く考え視野を広げるよう促す色だ」と語った。

 「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」の選定は2000年にスタートした。世界の映画やアート、ファッションのほか、社会経済や最新技術、ライフスタイル、ソーシャルメディア、スポーツイベントなどの多領域を調査してトレンド分析を行う。

過去の「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」は下記の通り。
2019年 リビングコーラル
2018年 ウルトラ・バイオレット
2017年 グリーナリー
2016年 セレニティ、ローズクォーツ
2015年 マルサラ
2014年 ラディアント・オーキッド
2013年 エメラルド
2012年 タンジェリン・タンゴ
2011年 ハニーサックル
2010年 ターコイズ
2009年 ミモザ
2008年 ブルーアイリス
2007年 チリペッパー
2006年 サンドダラー
2005年 ブルーターコイズ
2004年 タイガーリリー
2003年 アクアスカイ
2002年 トゥルー・レッド
2001年 フクシャローズ
2000年 セルリアン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。