ニュース

「コスメデコルテ」が内外美容を提唱 美白美容液刷新と初のサプリを展開

 コーセーは2020年2月16日、ハイプレステージブランド「コスメデコルテ」の 美白美容液「ホワイトロジスト」を3年ぶりに刷新し、「同 ブライト コンセントレイト」を全国の百貨店や化粧品専門店などで発売する。海外は中国や韓国、イタリア、フランスなど13の国と地域で展開する。また同日にブランド初となるインナービューティアイテムであるサプリメント「同 オーバーナイト インナー プラス」を日本限定で販売する。

 「ホワイトロジスト」は、 シミ・ソバカスの原因となるメラニンの生成をコントロールし、 白さの根源へとせまる「ロジカルホワイトニング」をコンセプトに04年に誕生した美白美容液。6代目となる今回は、「年齢とともに消えないシミ悩みが増える」といった女性の声に応え、「シミと加齢の関係を追究し、 増える、 濃くなる、 なかなか消えない“大人のシミ”の生成メカニズムに着目した」(石井里枝コーセー商品開発部スキンケア・ヘアケア商品開発課)。

 シミ部位は年齢と関係なくメラニンの塊であるメラノコアを粉砕するリソソーム(細胞内に存在する細胞小器官)が老化していることが新たに分かったことから、リソソームを若返らせる効果が期待できる成分ブライト コンセントレイト コンプレックスを配合した。また、成分を素早く浸透させるカプセル技術のイオンソームBCも採用し、より早く透明感を実感することが可能となった。

 また「究極の透明感を目指し、10日間で効果を感じられるように内側からアプローチする」ためサプリメントを開発した。シミやくすみの要因である紫外線やストレス、睡眠不足といった外的要因により、メラニン生成が活発化したり、血行不良や腸内環境が悪化して潤い不足などが起きたりする。これらをケアするオリジナルマルチ処方により、体の中のさまざまな要因に働きかけシミができにくい透明感のある肌に導く。