ファッション

ファッションユーチューバーのリョウマツモトがSNS投稿禁止のイベント開催

 セレクトショップ「ハウデイ(HOWDAY)」を運営するユーチューバーのリョウマツモトは11月23、24日の2日限定で、イベント「THERE IS A DIFFERENCE BETWEEN KNOWING THE PATH AND WALKING THE PATH」を東京・中目黒のギャラリー、コンプレックスブースト(COMPLEXBOOST)で開催する。

 マツモトの今のムードを表現したインスタレーション形式で、実際に訪れた人たちとコミュニケーションできる場になるという。展示と物販を行い、収益の一部を台風19号の災害義援金に充てる。展示内容は非公開で、会期中はマツモト本人からSNSで発信を行わず、来場者の撮影も禁止するという。

 マツモトは「ググれば何かしらの検索結果が簡単に手に入る現代。知るということと分かるということの違いが限りなく曖昧になってきているのではないか。誰にでもアクセスできる情報に毒されていないか。それらを自らで検証することもなく翻弄されていないか。 そんな自戒の念も込めて、改めて自らの目で見て耳で聴いて手で触るリアルな体験の価値を見つめ直す機会を 作ることができればという思いのもと今回の企画を発想しました」とコメントしている。

 マツモトは1993年、長野県生まれ。2016年に上智大学を卒業後、ユニクロに新卒入社して翌年に退職。現在は長野でセレクトショップ「ハウデイ」を営み、ユーチューブ上で取り扱い商品を紹介する動画を投稿している。チャンネル登録数は5万8000を超え、月商1000万円を達成する。20年には年商1億円を目指している。

■THERE IS A DIFFERENCE BETWEEN KNOWING THE PATH AND WALKING THE PATH
会期:11月23 日、24日
時間:12:00~19:00
場所:コンプレックスブースト
住所:東京都目黒区青葉台1-15-10 1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら