ファッション

渡辺直美、けみお、AMIAYAの2020年春夏ファッション・ウイーク期間中のド派手な着こなしをプレイバック

 ブランドの服を着用してファッションショーを訪れ、その模様をそれぞれが抱えるフォロワーに向けて発信するインフルエンサーたちは、フロントローに欠かせない存在だ。2020年春夏のファッション・ウイークでは、渡辺直美、AMIAYA、けみおがニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ、東京の各都市のショー会場に登場した。ド派手なファッションで特に注目を浴びていた3人の華麗なる衣装チェンジを、時系列順にプレイバックする。

渡辺直美

 3年前からミラノ・ファッション・ウイークに来場している渡辺直美。今季「WWD JAPAN.com」が姿を確認したのは「フェンディ(FENDI)」と「GCDS」の2会場のみにとどまったが、ド派手なファッションと圧倒的な貫禄で相変わらずの人気ぶりを見せた。

けみお

 ユーチューブ(Youtube)で言葉巧みに発信する動画からいくつもの流行語を生み出し、中高生から圧倒的な支持を集めるけみおのファッション分野での活躍が目覚ましい。特に東京で開催された「ディオール(DIOR)」2019年プレ・フォールのショーに来場してからというもの、彼をショーやイベントに招待するブランドが急増し、今季の2020年春夏シーズンはニューヨークからミラノ、パリのファッション・ウイークのショー会場に姿を現し、ミラノでは「GCDS」のショーでランウエイデビューも果たした。なお、各都市を回った後は東京を訪れ、「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」のショーにも来場していた。

AMIAYA

 2人が座ればフロントローが一気に華やかになるAMIAYAは、今季もありとあらゆるブランドから引っ張りだこ。今回はヨーロッパのファッション・ウイーク中に上海を訪れるというハードスケジュールながら、日本発のインフルエンサーの中でも圧倒的な数のブランドのショーに姿を見せた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら