ニュース

ジャンポール・ゴルチエのクリエイションをたどる企画展 復刻アイテムも販売

 オンワードホールディングスが運営する東京・代官山のカシヤマ ダイカンヤマ(KASHIYAMA DAIKANYAMA)は、仏デザイナーのジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)のクリエイションの軌跡をたどる企画展「エクスパンディング ファッション バイ ジャンポール ゴルチエ(EXPANDING FASHION by JEAN PAUL GAULTIER)」を9月14日~10月13日に開催する。

 1階にゴルチエのオートクチュールのコレクションピース13 体を展示し、同氏が18 年にパリで上映した、自身の半生を題材にしたミュージカル「ファッション フリーク ショー(Fashion Freak Show)』の特別編集版を上映する。2、3階ではオンワードグループが保有する「ジャンポール・ゴルチエ」ブランドのアーカイブをリプロダクションした16型(2万1000~12万円)を限定販売。企画展にあわせ、ゴルチエのアイコンであるブルーストライプに装飾された地下1階のカフェでは、同氏と親交が深いファッションフォトグラファーのジャン・パブティスト・モンディーノ(Jean Baptiste Mondino)氏の写真作品を展示し、限定スイーツも提供する。

 ジャンポール・ゴルチエは1952 年パリ生まれ。70 年に「ピエール・カルダン(PIERRE CARDIN)」でキャリアを歩み始める。76 年に初のショーをパリで開催し、84 年にメンズウエアを発表した。97 年には夢であったオートクチュールコレクション“Gaultier Paris” をスタート。2004~11 年エルメス(HERMES)のウィメンズウエアデザイナー。15 年からはオートクチュールに注力している。

 オンワード樫山は同氏と81 年にライセンス契約を締結。86 年には代官山に路面店をオープンし、グループとしては2015年の契約終了まで長期にわたり関係を築いた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら