ファッション

元伊勢丹社長・小柴和正さん「お別れの会」 業界関係者700人が故人しのぶ

 三越伊勢丹ホールディングスは21日、今年6月に88歳で亡くなった小柴和正・元伊勢丹社長のお別れの会を東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開いた。ファッション企業や百貨店関係者ら約700人が参列した。

 伊勢丹のコーポーレートカラーにちなんで青、黄、白の花々で彩られた祭壇には、伊勢丹新宿本店の売り場で客を出迎えるように笑顔で立つ小柴さんの遺影が飾られた。会場には故人が1953年に入社して婦人帽子売り場に配属されてから、社長、会長などを経て2010年に退任するまでの経歴やエピソードも提示。参列者は戦後の百貨店の歴史そのものを歩んできた小柴さんをしのんだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら