ビューティ

「チューンメーカーズ」がリニューアル ラインアップ強化し原液エキスパートへ

 レノア・ジャパンが展開する原液美容ブランド「チューンメーカーズ」は9月26日、ラインアップを強化してリニューアルする。また、10月1日には初の路面店を表参道にオープンする予定。

 2006年に誕生した「チューンメーカーズ」は、原液をサプリメントのように“今”の肌にカスタマイズして使用するブランド。原液は46種類をそろえ、肌にそのままつけるのはもちろん、化粧水やクリームに混ぜて使用することも可能だ。今回、新たに原液ラインには乾燥にアプローチする「NMF(天然保湿因子)アミノ酸原液」が加わるほか、原液を調合するスキンケアラインにブランド初の洗顔料「原液保湿ジェル洗顔」と、5種の原液を調合して揺らいだ肌を1カ月集中ケアする「原液美容液」、保湿に特化した「原液保湿乳液」が登場する。製品は9月12日から全国のロフトで先行販売し、その後26日からバラエティショップやドラッグストア、専門店、ECで販売する。

 レノア・ジャパンの中山絵美マーケティングDiv.ブランドマネージャーは「ブランドは現在、世界10カ国で展開している。国を超えてさまざまな肌悩みに向き合うにつれ、さらなるブランドの成長と認知拡大を考えてリニューアルを行うことにした。今回のリニューアルでよりお客さまのニーズにアプローチできる品ぞろえとなった。“原液ブランド”から“原液エキスパート”へと進化し、国や世代、性別を超えたユニバーサルブランドの確立を目指していく」とコメント。
 
 秋にはブランド初の路面店が表参道にオープンする。「一人一人の肌悩みに寄り添うパートナーであるために、ブランドの全てを体験できる場所を作りたい」(中山絵美マーケティングDiv.ブランドマネージャー)と、同店では全製品が購入できるほか、スキンケアのカウンセリングやワークショップなども開催する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら