ファッション

「ブルックス ブラザーズ」が「ジュンヤ ワタナベ マン」とコラボコレクション発売

 アメリカのファッションブランド「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」は、「アイ コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(EYE COMME DES GARCONS JUNYA WATANABE MAN)」とのコラボレーションコレクションを販売する。商品はブレザー1型(18万円)とボタンダウンシャツ3型(各5万円)。ブレザーはマディソンフィットと呼ばれる「ブルックス ブラザーズ」の定番シルエットで、サックモデルのネイビーのブレザーをベースに、異なるチェック柄のツイード生地を合わせてクレイジーパターンにアレンジした。また、ボタンダウンシャツは1896年に「ブルックス ブラザーズ」が開発した象徴的なアイテムで、無地やチェック柄の生地をヨークや袖、裾まわりなどに配している。

 同コレクションは、「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン」の取扱店と東京・銀座のセレクトショップ、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で8月17日に、「ブルックス ブラザーズ」青山で8月21日に発売される。

 今年、日本上陸40周年を迎えた「ブルックス ブラザーズ」はブランドのアイデンティティーであるクラシックアメリカンへの原点回帰を掲げ、ベーシックアイテムに力を入れている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら