ファッション

ニューヨーク拠点のアーティスト、ジョシュ・スパーリングが日本初の個展を開催

 ニューヨークを拠点に活動するアーティストのジョシュ・スパーリング(Josh Sperling)が、日本初となる個展「サマータイム(Summertime)」を東京・六本木の画廊、ペロタン東京(PERROTIN TOKYO)で開催する。会期は7月3日から8月10日で、入場は無料。

 ジョシュ・スパーリングは1984年ニューヨーク生まれの35歳で、カウズ スタジオ(KAWS STUDIO)でアシスタントを務めていた経歴を持つ、いま注目のアーティストだ。1960〜70年代のミニマルアートや家具デザインから強く影響を受け、幾重にも重なったシェイプトキャンバスをはじめとした絵画にも彫刻にも見えるシンプルでポップな色彩の作品で知られている。独特なシェイプトキャンバスは機械による成形だが、色付けは全て手作業で行っているため、作品は幾何学的形状でありながらどこか温かみがあるものに仕上がっている。

 今回の個展では、壁一面にカラフルな波型のシェイプトキャンバスを設置したインスタレーションや、ペインティングなど10作品以上が展示される予定だ。

■Summertime
日程:7月3日〜8月10日
時間:11:00~19:00
定休日:日・月・祝祭日
場所:PERROTIN TOKYO
住所:東京都港区六本木6-6-9
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら