ファッション

キム・ジョーンズがキュレーションしたファッションマガジン発売

 アントワープ発のファッションマガジン「エー マガジン キュレーテッド バイ(A MAGAZINE CURATED BY)」は、キム・ジョーンズ(Kim Jones)「ディオール(DIOR)」メンズ アーティスティック・ディレクターをゲストキュレーターに迎えた最新号を発売する。価格は20ユーロ(約2440円)で、5月30日からオンラインとヨーロッパ内で、6月10日以降そのほかの地域でも販売する。

 「エー マガジン キュレーテッド バイ」は今回で19号目。毎号ゲストキュレーターとして有名ファッションデザイナーを迎えており、過去にはリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)、シモーネ・ロシャ(Simone Rocha)、山本耀司、高橋盾らが務めている。

 今号ではアルファベットをテーマに、“A”ならアフリカ(Africa)、“B”ならブルームズベリー(Bloomsbury)、“C”ならクラブキッズ(Club kids)などといった、キムの興味の対象を提示していく。また、親交のあるデザイナーやアーティストら26人の作品を取り上げたページには、KAWSや空山基ら、「ディオール」メンズ・コレクションでコラボしたアーティストらをはじめ、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)、YOON、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、村上隆、藤原ヒロシらが登場する。ほかにもインタビュー、イラスト、ポートレイト、音楽プレイリストなども掲載した全248ページの構成になっている。

 表紙は2種類を用意。ピーター・フィリップス(Peter Philips)「ディオール」メイクアップ クリエイティブ&イメージディレクターによるディレクションのもと、カメラマンのダビド・ヴァシリェヴィッチ(David Vasiljevic)が撮影したモデルのルートヴィヒ・ヴィルスドルフ(Ludwig Wilsdorff)、サクア・カンボン(Sakua Kambong)が表紙を飾る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら