ファッション

キム・ジョーンズがキュレーションしたファッションマガジン発売

 アントワープ発のファッションマガジン「エー マガジン キュレーテッド バイ(A MAGAZINE CURATED BY)」は、キム・ジョーンズ(Kim Jones)「ディオール(DIOR)」メンズ アーティスティック・ディレクターをゲストキュレーターに迎えた最新号を発売する。価格は20ユーロ(約2440円)で、5月30日からオンラインとヨーロッパ内で、6月10日以降そのほかの地域でも販売する。

 「エー マガジン キュレーテッド バイ」は今回で19号目。毎号ゲストキュレーターとして有名ファッションデザイナーを迎えており、過去にはリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)、シモーネ・ロシャ(Simone Rocha)、山本耀司、高橋盾らが務めている。

 今号ではアルファベットをテーマに、“A”ならアフリカ(Africa)、“B”ならブルームズベリー(Bloomsbury)、“C”ならクラブキッズ(Club kids)などといった、キムの興味の対象を提示していく。また、親交のあるデザイナーやアーティストら26人の作品を取り上げたページには、KAWSや空山基ら、「ディオール」メンズ・コレクションでコラボしたアーティストらをはじめ、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)、YOON、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、村上隆、藤原ヒロシらが登場する。ほかにもインタビュー、イラスト、ポートレイト、音楽プレイリストなども掲載した全248ページの構成になっている。

 表紙は2種類を用意。ピーター・フィリップス(Peter Philips)「ディオール」メイクアップ クリエイティブ&イメージディレクターによるディレクションのもと、カメラマンのダビド・ヴァシリェヴィッチ(David Vasiljevic)が撮影したモデルのルートヴィヒ・ヴィルスドルフ(Ludwig Wilsdorff)、サクア・カンボン(Sakua Kambong)が表紙を飾る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。